アルビレックス新潟を応援します。
スポンサーサイト (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
親父の偉大さ? (2005/12/24)
12月3日のレッズ戦以来の休みだぁ♪しかもまさかの3連休!ずーっと休日出勤と残業続きで体が悲鳴をあげてたからメチャクチャ嬉しい!!そして今日はやっと年賀状を作りました。誰かにハガキを送るのなんてこんな時くらいだから(皆さんもそうかな?)ハリキッテちょっと凝った作りにしたらなにやら楽しい年賀状になってシメシメ!そしてこの時期いつも思うのは自分の父親に届く年賀状の多さ!おれなんて届いても30通くらいがせいぜい。親父にいたってはもの凄い量の年賀状が輪ゴムに縛られドカッと・・・。子供の頃はなーんにも感じなかったが大人になるにつれなんとなく気にかけていた俺。人が何かを送る際には義理とはいえ少しは気持ちが入るもの!勝手に感じている事だけど年賀状の多さがその人の歩んできた人生の深さにとれてしまう!年賀状というかお歳暮やお中元もそうだけどね。皆さんはどうですか?

コメント投稿
URL:
Comment:
Pass:
ここをチェックすると 管理者のみが読めるコメントになります→
 




トラックバック
この記事のトラックバックURL


ページ上部に戻る▲
骨の髄までアルビナリン♪ ©  拳死郎 2017. (http://kenshirow.blog40.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。